Not found 404 エラーの原因と対策と確認・解決方法

ウェブサイトを閲覧中に表示される「Not found 404 エラー」が表示されたことはないでしょうか。
今回の記事では「Not found 404 エラー」とは何かと、解決方法をご紹介いたします。

 

目次

 

「Webサイトからお問い合わせが来ない…」とお悩みの方必見!
当サイトのノウハウを詰め込んだ『Web集客の無料ガイド』をご提供

Not found 404 エラー とは

Not found 404 エラー(HTTP 404 エラーコード)とは、アクセスした URL (ウェブサイトのアドレス)に、表示するページが無い場合に出力される HTTP ステータスコードのことです。

長い間アクセスしていなかったサイトの URL を開こうをしたときなどに、遭遇することが多いのではないでしょうか。

HTTPステータスとは、Web ブラウザまたはクローラーがサーバーにアクセスしたときに返されるレスポンスのことを意味します。

Not found 404 エラーの主な原因

一般的にはリンク切れや、 URL の打ち間違え、間違ったリダイレクト処理をしている時に起こります。特にドメイン移管などでサイトの URL が変わったときは、リンク切れを起こしたまま放置しないよう注意しましょう。

CPI スタッフブログの場合、 Not found 404 エラーが返されると下記ページが表示されます。

Web サーバーや OS 、ブラウザによって Not found 404 エラーの表記が変わる場合があります。

  • the requested url was not found on this server.
  • the requested url / was not found on this server.
  • Not found
  • Page Not found
  • Error 404
  • 404 not found
  • HTTP Error 404
  • The page cannot be found.

など。

Web サイト閲覧者は、アクセスした URL に間違えがないか確認をしてください。

確認した URL に間違いがない場合は、しばらく経ってから、サイトにアクセスし直してください。

 

自社サイトのNot found 404 エラー確認方法

 

自社サイトで「Not found 404 エラー」がどれくらい出力されているかの確認はGoogle Analyticsを使うと確認することができます。

  1. Google Analyticsにアクセスします。
  2. 「行動 > サイトコンテンツ > ランディングページ」にアクセスします。
  3. セカンダリディメンションに「ページタイトル」を追加します。

     
  4. セカンダリ ディメンション欄の「アドバンス」をクリックし、ページタイトルで絞り込みを行います。

    ページタイトルは、実際にNot found 404 エラーページを表示させ、そのタイトルを入力してください。
     

  5. 実際にユーザーがNot found 404 エラーになっているURLを確認することができます。

 

Not found 404 エラーの解決方法

 

Not found 404 エラーの解決方法は、リンク切れを無くすことが重要ですので、上記でエラーページを確認し、そのリンクを修正するだけです。

リンクを修正してもURLの打ち間違えなどで「Not found 404 エラー」が出力されることもあります。
そのような場合のために「Not found 404 エラー」ページを用意し、サイト内のコンテンツ一覧を表示することで離脱率を軽減することができます。

もし外部サイトに掲載された自社サイトのリンクにミスがあった場合、そのサイトの管理者にリンクを更新してもらうよう連絡しましょう。あるいは正しい URL への301リダイレクトを作成し、サーバーの設定にそのスペルミスのあるURLを登録するという方法もあります。

また、自社サイトに消去されているページへのリンクなどがあったら、削除するか新しいものに更新しておきましょう。

さらに、ドメイン移管などでサイトの URL を変更した場合も注意が必要です。古い URL から新しい URL へのリダイレクトが正しくできていないと Not found 404 エラーが表示されてしまいます。リダイレクトがうまくいかない場合は、設定を見直してみてください。

Not found 404 エラーページを用意する方法

Not found 404 エラーページを用意しておくことで、ユーザーの離脱を防ぐことも可能です。

.htaccessを設置し、下記のコードを追加します。

ErrorDocument 404 https://example.com/404.html

上記コードを追記することで、サーバー内部でページが見つからない場合に、404.htmlを表示します。

ユーザーに、ページが存在しないことをわかりやすく伝えるデザインにすることが大切です。

さらに、サイトマップなどのテキストリンク一覧を表示すると、ユーザーの回遊を促すこともできます。

Not found 404 エラーは SEO に影響するのか?

Google のウェブマスター向け公式ブログでは、Not found 404 エラーが表示されるページがあっても、同じサイトの他のページの検索順位に影響はないと書かれています。

参照元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 404 はサイトに悪影響を与えますか?

つまり、Not found 404 エラーを表示するページがあっても、 SEO には直接影響はないと言えるでしょう。

ただ、表示されないページをそのままにしておくと、ユーザーの離脱率を上げてしまう可能性があります。それを防ぐためにも404エラーページを用意し、ユーザーに他のページへアクセスしてもらうよう促すのがおすすめです。

自社サイトの Not found 404 エラーは適切に対応しよう

Not found 404 エラーの対策としてエラーページを用意し、自社サイトを訪れたユーザーが離脱しないような仕組みを作っておきましょう。

もし Not found 404 エラーが出る原因を解消できそうであれば対応し、ユーザーの満足度を下げないサイト運用を心がけてください。

関連タグ:

【期間限定プラン】簡単!ホームページセットアッププラン お申し込みは2022年7月29日(金)15:00まで

CPIの最新情報をTwitterでチェックできます!
@cpiadjp
次へ
前へ