コンテナについて:Bootstrap 4

コンテナは、コンテンツを入れるためのブロックで、Bootstrapのグリッドレイアウトを利用するために必要なブロックです。

「Webサイトからお問い合わせが来ない…」とお悩みの方必見!
当サイトのノウハウを詰め込んだ『Web集客の無料ガイド』をご提供

コンテナの利用

コンテナには「.container」か、「.fruid-container」を指定します。

<div class="container">
<h1>.container</h1>
</div>

「.container」は、スマートフォン端末の場合は横100%表示で、それ以外は左右に余白ができます。

<div class="container-fluid">
<h1>.container-fruid</h1>
</div>

「.container-fruid」を指定すると、常に横100%表示されます。

コンテナのサイズ

Bootstrap 4は、4つのブレイクポイントがデフォルトで用意されています。
各ブレイクポイントと、それに合わせたコンテナエリアサイズは下記の通りです。
コンテナサイズは「.container」を指定した場合です。

  Extra small Small Medium Large Extra Large
ブレイクポイント < 576px ≥ 576px ≥ 768px ≥ 992px ≥ 1200px
コンテナサイズ None(余白無し) 540px 720px 960px 1140px
利用シーン 縦向き電話 横向き電話 タブレット デスクトップ さらに大きいデスクトップ

 

Bootstrapでは通常このコンテナの中に、コンテンツを作っていきます。

 

関連タグ:

【期間限定プラン】簡単!ホームページセットアッププラン お申し込みは2022年7月29日(金)15:00まで

CPIの最新情報をTwitterでチェックできます!
@cpiadjp
次へ
前へ