LP(ランディングページ)にレンタルサーバーがおすすめな理由について解説!

LP(ランディングページ)にレンタルサーバーがおすすめな理由について解説!

目次

  1. LP(ランディングページ)とは?
  2. 一般的なWebサイトとLPの違いについて
  3. LPの特徴やメリットを知っておこう
  4. LPは初心者でもレンタルサーバーを利用すれば作成しやすい!
  5. まとめ:LPを活用して集客につなげよう!
 

ディスク容量【500GB】・メールアカウント200以上で集中アクセスに強い、KDDIグループのサーバー
>>法人向けレンタルサーバー【SV-Basic】(10日間無料お試し付)の利用はこちら

LP(ランディングページ)とは?

LP(ランディングページ)には、広義と狭義で2つの意味があります。

英語で “Landing(ランディング)” とは、”着地すること” を意味しており、一般的な広い意味では「ユーザーがインターネット検索で最初にたどり着くWebページ」という意味で使われます。

Web用語として使われるLP(ランディングページ)は、「Web広告などの遷移先ページ」の意味として使われています。広告リンクをクリックした時に見る、長い1枚のページと聞くと思い当たる方もいるかもしれませんね。今回は後者のWeb用語として使われるLP(ランディングページ)について詳しく解説していきます。

一般的なWebサイトとLPの違いについて

一般的なWebサイトもLP(ランディングページ)も情報を集約しているという点では同じです。両者の決定的な違いとは「目的」と「流入方法」にあります。

【表】Webサイト、WebページとLP(ランディングページ)の違い

Webサイトの目的と流入方法

Webサイトの目的は、企業やサービスの認知、ブランディングなど様々ですが、会社やサービスについて知ってもらうこと(認知)が根底にあります。そのため、特定の情報が知りたい人や、会社やサービスについて良く知らない人が順を追って情報を探せるような階層構造になっています。

目次の役割を持つ「ナビゲーション」や、今どのページにいるのか迷わないための「パンくずリスト」など、ページ内回遊をし様々な情報を取得しやすい設計なのも特徴です。

また、Webサイトは基本的に検索エンジンからのオーガニック検索流入が大多数を占めるため、SEOやSNSなどで集客を行います。

LP(ランディングページ)の目的と流入方法

LP(ランディングページ)の目的は、お問い合わせや資料ダウンロード、お申し込み、会員登録、アプリダウンロードなどの「成果」に誘導することです。そのためページの中身は、上記のユーザー行動に必要な情報のみに特化し、離脱を防ぐために他のページへのリンクは貼らず、1ページ内で情報をまとめます。

集客方法としては、ディスプレイ広告や動画広告、SNS広告などのWeb広告からの流入が大部分です。広告で狙ったキーワードに関する詳細情報をLP(ランディングページ)にまとめ、CVに繋げます。Webサイトのように、オーガニック検索での流入はほとんどないため、SEO等は気にせず作成することが多いです。

LPの特徴やメリットを知っておこう

複数ページにわたって情報を網羅するWebサイトとは異なり、1ページで情報を集約しているLP(ランディングページ)はどのようなメリットがあるのかご紹介します。

メリット1. ページに集中して読んでもらえる

LP(ランディングページ)は、1ページで「宣伝」「問い合わせ」「申し込み」などのユーザー行動を促すページで、Webサイトとは異なり、他サイトや関連記事などへの誘導リンクが無いので、ページ離脱も少なく、より集中して読んでもらうことができます。

【図】Webサイト、WebページとLP(ランディングページ)の違い

メリット2. 成果が得やすい

LP(ランディングページ)を作成する目的は「成果」です。商品紹介をするLP(ランディングページ)であれば、商品購入やお試し体験への誘導を行うことで売り上げアップが期待できますし、イベント告知のLP(ランディングページ)であれば見込み顧客の獲得を目指せます。

LP(ランディングページ)は縦に長いのが特徴で、情報を複数ページに分散させることはありません。1ページ内でニーズ喚起からクロージングまでのすべてを完結させるため、目的である「成果」に繋がりやすいのが特徴です。

LP(ランディングページ)はCTAを絞るから成果が得やすい

メリット3. 派手なデザインや視覚的に伝わりやすい画像で広告できる

階層構造であるWebサイトは「1ページに1情報」であることが多いですが、LP(ランディングページ)は1ページ内で、CVに繋がる情報を網羅するため、ユーザーを飽きさせずページをスクロールしてもらえるように工夫がされています。これは視覚的にも内容が理解しやすいように、インパクトのある派手なデザインがされているのです。

例えば、化粧品の魅力を伝えたいとしましょう。
「年齢肌に最適な化粧水」という文字だけでは「年齢肌はどんな肌のことか」「なぜ年齢肌に最適な化粧水なのか」はわかりません。

「肌のバリア機能を高める成分が入っているから年齢肌に効果的な化粧水」であることを永遠とテキストで伝えることもできますが、淡々と化粧水の効果を述べてもページ閲覧者は飽きてしまう可能性があります。

そこで、LP(ランディングページ)は画像や図、色を使って、直観的にサービスの魅了や何を伝えたいのかを明確にするように作られているのです。

LPは初心者でもレンタルサーバーを利用すれば作成しやすい!

LP(ランディングページ)は、一から自分で作り上げることができますが、それなりの手間とコストは免れません。しかし、レンタルサーバーを利用することで解決できることがあります。

レンタルサーバーならサーバーの運用・管理を任せられる

自社サーバーを使ってLP(ランディングページ)の管理や運用をするメリットは多いです。しかし、万が一、サーバーが故障やトラブルを起こせば、それらは自社で対応をする必要があります。

専門的な知識や技術を持った方が常駐しているのであれば、カスタマイズが自由にできる自社サーバーの方が好都合かもしれませんが、それ以外の方であれば必要以上の労力がかかってしまう可能性があります。

はじめての方は、レンタルサーバー事業者に管理や運用を任せる方法もあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

セキュリティ対策などのリスク管理がしやすい

LP(ランディングページ)に限らず、どんなWebサイトもセキュリティ対策は必ず行うべきこと。万が一のリスクに備えて、しっかりと対策していく必要があります。

自分でセキュリティソフトなどを購入し、セキュリティ対策を行う方法もありますが、レンタルサーバーを利用すればレンタルサーバー事業者がセキュリティ対策やリスク管理を行ってくれるので、リスク管理に慣れていない方や、適切な方法がイマイチわからない方でも安心して運用することができます。


レンタルサーバー事業者によって、セキュリティ対策のプランの有無や、無料か有料なのかは異なりますので、費用対効果などをしっかり吟味してから検討すると良いでしょう。

コストを抑えられる可能性がある

サーバーをゼロから構築する場合、サーバーの導入やセキュリティ対策ソフトの購入などの「導入時のコスト」と、サーバーの運用・管理などの「継続的にかかるコスト」があり、自社サーバーの場合だと、どちらも必要なことから多額の費用がかかります。

レンタルサーバーを利用する場合だと、レンタルサーバー事業所がサーバーの導入から、サーバーを安全に利用する環境整備までを行なっているため、その分のコストを抑えることができます。

セキュリティ対策や管理・運用まで任せることができ、尚且つサーバーの利用料は月額料金制が殆んどなので、作成費用も明確にすることができるでしょう。

まずはLP(ランディングページ)を作ってみたい!という方は、レンタルサーバーを利用する方法があるということを知っておくだけで、作成方法の選択肢が広がるのではないでしょうか。

まとめ:LPを活用して集客につなげよう!

LP(ランディングページ)は、商品やイベントやサービスなど、広告したい目的に対して成果を出す確率を上げるWebページです。集客や売り上げなど、結果にコミットしたい方はさっそくLP(ランディングページ)を活用していきましょう。

レンタルサーバーを使ってランディングページの作成を考えている方は、セキュリティ対策の有無やコストなどを比較しながら、自分に合った扱いやすいレンタルサーバーを見つけてください。

 

KDDIグループが運営するレンタルサーバーCPIは、法人利用率90%、運用実績20年の安心・快適さを提供しています。他社とは異なる独自の設計で、遅延やトラブルが少ないので、法人利用でも安心してご利用いただけます。10日間の無料お試しもありますので、気になる方は是非利用してみて、使用感等を確かめてみてください。

関連タグ:

ビジネス活用に必要な機能がそろった
法人向け共用レンタルサーバー「SV-Basic」

お申し込み(10日間無料お試し付)

CPIの最新情報をTwitterでチェックできます!
@cpiadjp
前へ